予約・お問い合わせ
082-545-1900
一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科

ペットボトルの飲み残しと酸触症について…

暑い時期のペットボトルの飲み残しについてのニュースが少し気になったので
取り上げてみました。

直接口をつけて飲んだペットボトルの飲み残しに注意が必要です。

フジテレビ系(FNN) 直接口をつけて飲んだペットボトルの飲み残しに注意が必要です

ニュース映像の公開が終了したようです。この下のテキストでご覧ください。

飲みかけのペットボトル

まずは上のリンクからニュース映像を観てみてください。
もし、うまく映像を観られない方はその下にニュースの内容が
文字で書いて有りますのでそちらをご覧ください。

口腔内にはたくさん細菌がいますし、ペットボトル飲料を飲みながら
何かを食べることも多いので、食べかすが入ることも有るので

気温が高い中、飲みかけのペットボトルを長時間持ち歩けば、
細菌が増えるのは当然と言えば当然な事です。

スポーツドリンクなら良いのか?

このニュースを見る限りは「スポーツドリンク」なら
持ち歩いてもいいんじゃないか?と思いますよね。

ここで、もう一つご注意頂きたいのが「酸触症」です。

酸触症

以前、酸触症について取り上げた記事が
有りますのでご覧ください。

酸蝕症にご注意!

ニュース映像のなかにも有った通り、スポーツドリンクは酸が強い為
酸触症の原因となってしまいます。

と、いうことで…

スポーツドリンクも含め、暑い最中、飲みかけのペットボトル飲料を
長時間持ち歩くのは出来れば止めた方が良いかと思います。

ペットボトル飲料は短時間で飲み切るか、
コップ等に移して飲むようにする。

スポーツドリンクのような酸の強いものを飲んだ後は
歯磨きもしくは、うがいだけでもされた方が良いですね。

暑い季節、水分補給は必要ですが、そのせいで余計なトラブルを
抱えないで済むよう、少しだけ気を付けてみて下さい。

一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科
予約・お問い合わせ
082-545-1900

PAGE TOP