予約・お問い合わせ
082-545-1900
一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科

歯磨きをしていたら歯に白く濁った色の箇所が・・・これって何?

歯磨きをしていたら歯に白く濁った個所が有るのを見つけたのですが、これは何でしょうか?

歯の白く濁った個所・・・

歯磨きをしていたらふと気づいた白く濁った個所、念入りに歯磨きをしてみても取れない・・・
これって何ですか?とのご質問を頂くことがあります。

着色?虫歯?

歯の表面に見つけた白く濁った個所、これは脱灰と呼ばれるものです。

脱灰とは・・・

食事等によって、お口の中が酸性になり、歯のミネラル成分が溶け出て行ってしまうことです。
普通は時間がたつと、唾液に溶けだした歯のミネラル成分は再び歯に戻っていきます。
これを再石灰化と呼ぶのですが、歯の状態が酸性に傾いた時間が長く続くと脱灰が進んでいきます。

最初は白く濁っていた個所が溶けて穴が開いていき、茶色く見えるようになり、やがては黒く見えるように変化していきます。
つまりはこれは虫歯なのです。

つまりはごく初期段階の虫歯だと思っていただいたら良いかと思います。

ごくごく初期の脱灰でエナメル層と呼ばれる部分が残っている場合は、再石灰化によって白濁が治る場合もあります。

ご心配でしたら、酷くならないうちに歯科医院で診てもらって下さい。

 

一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科
予約・お問い合わせ
082-545-1900

PAGE TOP