予約・お問い合わせ
082-545-1900
一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科

神経を抜いた歯の寿命は・・・

神経を抜いた歯の寿命は・・・

無髄歯

神経を抜いた歯を「無髄歯」といいます。

神経の有る歯「有髄歯」と比べると、神経を取ってしまった為、当然ですが痛みを感じなくなります。
また、血液が通わなくなり歯が脆くなります。

無髄歯の寿命・・・

単純に何年程度・・・というものではなく、治療の出来、神経を取った後のメンテナンス等によって
無髄歯の寿命はまったく違ってきます。

神経を取ると痛みが無くなるので虫歯になっても気づきにくくなります。その為に虫歯が悪化しやすくなります。
日々の正しいメンテナンスが重要です。

また、神経を取ると歯そのものが脆くなるので、固いものを噛むと割れやすくなります。

つまり・・・

日々のメンテナンスをしっかりして、神経を抜かなければならないようにするのが最も大切なことで、
虫歯になってしまった場合も可能な限り神経を残して貰うほうが良いということです。

仕方なく神経を抜く時は、以後キチンとメンテナンス(歯磨きと定期的な歯科医受診)を
行うことが必要でしょう。

一般歯科審美歯科
ホワイトニングインプラント
顎関節症予防歯科
予約・お問い合わせ
082-545-1900

PAGE TOP